競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 千葉日報杯


 中山メーンの千葉日報杯は(3)ゲームマエストロ、(8)マコトギャラクシーといった降級2戦目の馬が人気を集めそうなところ。前走は同一の降級戦で2着と3着。そのレースは勝ち馬も降級馬だったので、このクラスでの力上位は明白だろう。
  しかし予想ソフト『カツラギ』が目を付けてきたのは、もう1頭の降級2戦目(6)マイネルグートだった。この馬も前走(3)(8)と同じレースを使われていたのだが、7着敗退で人気を落としそうなところ。しかしその実、準オープンでの実績はまったく劣るものではない。
  (6)マイネルグートの『カツラギ』予想勝率は19%で、2番手は半年ぶりの16%(2)シャガール。(3)ゲームマエストロは『ダビジェネ』、(8)マコトギャラクシーは『C−Lex』が推しているのだが、総合首位にはわずかに及ばず。千葉日報杯は(6)マイネルグートから(3)(8)(9)(5)(10)へ流す結論となる。
  京都メーンのジュライSは、オープンで好走続きの(15)エーシンホワイティが降級で大威張り。前走降級2着の28%(11)エーシンリターンズをも寄せ付けず、『カツラギ』44%に全ソフト異論なし。こちらは(15)から(11)(17)(10)(12)(4)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.