競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ラジオNIKKEI賞


 中山メーンのラジオNIKKEI賞、1番の注目は2戦2勝のディープインパクト産駒、(10)フレールジャックだろうか。それに続くのが(2)カフナ、(13)ショウナンパルフェに(7)マイネルラクリマといった、春のG1戦線を戦ってきた馬たちという人気順になりそうだ。
  しかし予想ソフトのピントはそこから少しズレたところにある。『カツラギ』は予想勝率23%で(7)マイネルラクリマを本命としているのものの、それと並び立つのが『C−Lex』本命の(6)アバウト。(2)カフナと(13)ショウナンパルフェは13%前後で一定の評価を得てはいるのだが、(10)フレールジャックはほとんど無印という状態になっている。
  穴系ソフトの注目馬も(4)フルアクセルや(12)ミヤビファルネーゼ、(14)ディアフォルティスなど枚挙に暇がなく、ラジオNIKKEI賞は波乱の要素が満載。(7)マイネルラクリマから(6)(4)(5)(12)(14)へ流してみたい。
  函館メーンのスプリントSは、『C−Lex』推奨(6)ケイアイアストンと『ダビジェネ』本命(11)パドトロワを退け、『カツラギ』予想勝率27%の(1)アンシェルブルーが総合首位。こちらは(1)から(6)(11)(5)(7)(4)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.