競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 宝塚記念


 デビュー以来国内17戦連続で1番人気に支持され続けている(8)ブエナビスタが、18戦目に選んできたのは宝塚記念。強いと言われる4歳世代を率いて、それでもなお1番人気を死守する構えだ。
  しかし予想ソフトは、そんな(8)ブエナビスタを辛口に評価。同馬に◎はもちろん○や▲を打つソフトさえ見当たらず、ズラリと並ぶのは△の印。『カツラギ』も予想勝率13%での4番手までにしか評価していない。
  その『カツラギ』は予想勝率16%で(4)エイシンフラッシュを筆頭に推奨しているのだが、2番手15%(3)ルーラーシップや3番手14%(14)トゥザグローリー、さらには前述の(8)ブエナも含めてほとんど差のないところ。
  全体的な構図は(8)ブエナビスタ対4歳勢なのだが、『C−Lex』は(1)ナムラクレセントに◎を打っており、この辺りまでが上位争い。それらの中から、最終的には『ダビジェネ』本命の(3)ルーラーシップが一歩抜け出す形となった。
  穴系ソフトの推奨は、(15)トレイルブレイザーと(16)ビートブラックの外枠4歳馬2頭。宝塚記念は(3)から(4)(14)(1)(16)(15)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.