競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 船橋S


 本日の中山メーン、船橋Sは芝短距離のハンデ戦。ここはオープンクラスから降級してきた(5)ツルマルジュピターが57.5kgのトップハンデを背負うことになった。そして降級馬といえば(9)エーシンリジルや(15)カホマックスもそのグループ。いずれもこのクラスをすでに勝ち上がった馬たちだ。
  しかし予想ソフトが注目するのは、そういった降級勢ではなかった。唯一『カツラギ』が予想勝率21%で(9)エーシンリジルを筆頭に推奨するものの、『C−Lex』や『ダビジェネ』は(3)レジェトウショウに◎。『カツラギ』も同馬を18%の2番手に挙げており、総合ではこのクラス連対に経験のない、この馬が最上位ということになった。
  各ソフトの指数を見てみると、どうやら前2走の1400m戦が高く評価されている模様。なるほど、そうして見てみると降級組の勝ち上がりはすべて1200mだったことにも気づく。
  平均レベルを比較すると、1200m戦より1400m戦のほうがレベルが高くなりやすいのは事実。船橋Sは(3)レジェトウショウから(9)(5)(11)(7)(10)へ流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.