競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ユニコーンS


 東京メーンのユニコーンSはダートのダービーとも言える、3歳馬の頂上決戦。今年は前哨戦とも考えられる端午Sが被災地支援いぶき賞として施行され、そのレースの1、3、4番人気馬が1、2、4着でここに出走。これらが順当に人気を集めることになりそうだ。
  予想ソフトは『C−Lex』がいぶき賞3番人気2着の(14)ボレアスを推奨し、『ダビジェネ』はもうひとつの前哨戦勝ち馬(11)アイアムアクトレスを筆頭に指名。しかし真打ちは、何と言っても『カツラギ』本命予想勝率20%の(9)グレープブランデーだろう。
  いぶき賞1番人気1着の同馬はここまで6戦6連対。『カツラギ』2番手の13%(2)アドマイヤサガス、さらには3番手12%(14)ボレアスらと思ったほど指数差はないが、それでも頭ひとつはキッチリとリード。軸馬と考えて差し支えのない存在、ユニコーンSは(9)から(14)(11)(2)(5)(3)へ流す結論となる。
  阪神メーンの天王山Sは、(2)マルカベンチャーを筆頭に挙げるソフトが圧倒的多数。予想勝率15%ながら『カツラギ』もこの◎に賛同しており、こちらは(2)から(15)(1)(13)(8)(7)の5頭に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.