競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)


 クラシック戦線は脇役どまり、昨年秋は裏街道を進んできた(9)トゥザグローリーが、ここにきて異様な強さを見せ始めた。第143回の天皇賞は、強い4歳世代の中でも、さらにもう一段上の下剋上を目指す。
  しかし予想ソフトの印は、それほど(9)トゥザグローリー一色でもない。『C−Lex』は(4)ローズキングダムに◎を打ち、『ダビジェネ』は(3)ナムラクレセント。(9)トゥザグローリーは『カツラギ』の本命ではあるものの、その予想勝率は14%にとどまっている。
  『カツラギ』は2番手に13%で(15)エイシンフラッシュの名前を挙げ、3番手に10%の(6)ペルーサ。どうやらこれはオッズが示す以上に実力伯仲、横一線の大混戦と考えられているようだ。
  しかしそれでも、総合首位を譲らなかったのは(9)トゥザグローリー。飛び抜けた能力を評価されたと言うよりは、他の有力各馬が支持率を分け合った上での本命という形だが、必ずしも実績上位ではないだけにそれは仕方のない面もあるか。
  予想ソフトは実績重視だが、それでも首位を譲らなかった(9)トゥザグローリー。天皇賞は(9)から(4)(3)(6)(17)(14)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.