競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神牝馬S


 阪神11Rの阪神牝馬S、『カツラギ』は予想勝率16%で(16)アンシェルブルーを筆頭に推奨してきた。『C−Lex』は11%(11)サングレアズールで、『ダビジェネ』は14%(1)カレンチャン。
  これに10%(14)ギンザボナンザを加えた4頭が拮抗して上位を形成しているのだが、総合首位は最少キャリアの(1)カレンチャン。距離への対応は明確な課題だが、少なくともスピード能力は通用するという算段だ。
  これら4頭はいずれも4歳馬で、さらに穴系ソフトも(6)プリンセスメモリーや(12)ジュエルオブナイルといった4歳勢を推奨。少キャリアゆえに実績も乏しく、低レベルとも見えてしまいそうなメンバーだが、ここからの飛翔に期待。阪神牝馬Sは(1)から(11)(16)(14)(6)(12)へ流す結論となる。
  阪神12RのニュージーランドTには、朝日杯FSの1、2着馬が登場。本来なら同じ中山で施行されるレースだが、今年は阪神の外回り。この辺りがどう影響するかが見ものではあるが、能力比較ならやはり(4)グランプリボス。『ダビジェネ』『カツラギ』が予想勝率24%で同馬を推奨しており、こちらは(4)から(2)(14)(5)(7)(8)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.