競馬マスターズ
2018年07月22日15:16 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞


 レーヴディソールが存在する同世代の牝馬路線と比べて、混戦と言われる今年の牡馬クラシック路線。特に暮れの朝日杯FSでは1倍台の人気を集めていた(6)サダムパテックにとって、この弥生賞は正念場の一戦となるだろう。
  しかし予想ソフトの目は、ほとんど(6)サダムパテックには向いていなかった。的中率1位の『カツラギ』は予想勝率22%で(5)オールアズワンを筆頭に推奨し、20%の(3)プレイが2番手。(6)サダムパテックは小差ながら19%での3番手にとどまった。
  さらに『ダビジェネ』『C−Lex』といった辺りは(6)サダムパテックでも(5)オールアズワンでもなく、(3)プレイを◎に推奨。戦績を見ると2着が多い馬だが、この弥生賞が低レベルという前提なら、連複の軸馬として文句のない存在だ。
  もう1頭の人気馬、2戦2勝のディープインパクト産駒(9)ターゲットマシンは予想ソフトにまったく無視される形での総合8番手。穴系ソフトの推奨も(3)プレイの名前が目立ち、人気的にもおあつらえ向き。弥生賞は(3)プレイから(5)(6)(7)(4)(11)へ流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.