競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ダイヤモンドS


 東京メーンのダイヤモンドSは、長距離のわりに乱ペースになりやすいハンデ戦。今年は4歳馬を中心に、特に人気が割れる難解な一戦となりそうだ。
  まず『カツラギ』の本命は、ステイヤーズS勝ちの実績を持つ(7)コスモヘレノス。しかしその予想勝率は18%で、2番手13%(16)ビートブラック、3番手12%(8)ゲシュタルトともそう差がないように見える。
  事実『C−Lex』や『ダビジェネ』は(3)スノークラッシャーと(4)コスモメドウを本命に推奨。総合では(7)コスモヘレノスにわずかに及ばないのだが、三つ巴の様相を呈している。
  予想ソフトの意見も簡単にはまとまらないのだが、ここまでに名前の挙がった5頭のうち4頭が4歳馬。現在重賞戦線を席巻している世代、出走4頭すべてが上位に評価されているのは偶然ではないはず。
  競走馬同士の能力比較ではなく、各馬個別の好走率を比較するタイプの予想ソフト、いわゆる穴系ソフトは(5)アルコセニョーラに注目。牝馬ながら重賞5連対はたしかに実績上位。ダイヤモンドSはこれらを組み合わせ、(7)から(4)(16)(3)(8)(5)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.