競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都記念


 (2)トゥザグローリーや(12)ヒルノダムールなど、強い4歳世代の中心勢力が人気の中心となる京都記念。同じ4歳、(4)ダノンシャンティや(3)ビッグウィークといったG1タイトルホースでさえも脇役に追いやられてしまうほど強く輝いている。
  そういった4歳勢の中でも『カツラギ』が今回注目するのは、重賞未勝利の(12)ヒルノダムール。『C−Lex』もこの意見を支持し、予想勝率にして36%。20%でそれに続く(2)トゥザグローリーや12%(4)ダノンシャンティを従え、悲願の重賞制覇に準備が整った。
  (2)トゥザグローリーは『ダビジェネ』などの支持を得るも(12)ヒルノダムールの票には及ばず、むしろ実績最上位の(1)オウケンブルースリに煽られる形での総合2番手まで。京都記念は(12)から(2)(1)(4)(6)(7)へ流す結論となる。
  東京メーンの共同通信杯は、実績最上位の10%(11)ダノンバラードを押し退けて(2)ナカヤマナイトが予想勝率26%での『カツラギ』首位。ここでも『C−Lex』が『カツラギ』の意見を支持しており、16%(12)ベルシャザールが対抗格。こちらは(2)から(12)(13)(8)(7)(1)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.