競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山金杯


 2010年の有馬記念もつつがなく終了し、年が明けての東西金杯。有馬記念でも1、3、4着と猛威を振るった3歳勢が、明け4歳となってさらに期待されるところ。実はその有馬記念、3歳最下位の9着ダノンシャンティに先着できた古馬は、ブエナビスタを含めたったの3頭だけだった。
  東の中山金杯は、もちろん唯一出走の明け4歳(4)コスモファントム。『カツラギ』『ダビジェネ』など8割を超える予想ソフトがこの馬に◎を打ち、その予想勝率は40%。ハンデ戦では滅多に見られない高率だと思われる。
  相手筆頭は『C−Lex』推奨の(16)ミステリアスライトになるのだが、『カツラギ』2位の(6)アクシオンも18%。中山金杯は(4)から(16)(6)(3)(2)(10)へ流す結論となる。
  西の京都金杯には4頭の4歳馬が出走。こちらは多少割れ気味で、『ダビジェネ』は(4)ライブコンサート、『C−Lex』は(3)リーチザクラウンをそれぞれ筆頭に推奨。しかしそれでも総合首位は明け4歳、『カツラギ』本命の27%(5)ガルボだった。こちらは(5)から(3)(4)(10)(8)(11)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.