競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ラジオNIKKEI杯2歳S


 前週の朝日杯フューチュリティSと並び、2歳戦の最重要レースと位置付けされるラジオNIKKEI杯2歳S。過去幾多の名馬を輩出してきたこのレースに、今年はディープインパクトの産駒が大挙参戦してきた。
  しかしそれら5頭はすべて1勝馬。京都2歳S1番人気の(8)ダノンバラードがどこまで人気を維持できるかがポイントだが、萩S勝ちの(12)ショウナンマイティを筆頭に、(2)オールアズワン、(15)ウインバリアシオンといったオープン勝ちのある2勝馬が人気の中心ということになりそうだ。
  実はディープインパクトの産駒、延べ18戦していまだオープン未勝利。そろそろの期待も高まる5頭出走だが、それでもやはり予想ソフトは実績重視。『ダビジェネ』『C−Lex』は当然のように札幌2歳S勝ちの(2)オールアズワンを本命に推奨してきた。
  唯一『カツラギ』が(3)コティリオンに予想勝率16%での◎を打つも、(2)オールアズワンには遠く及ばず。朝日杯FSでも断然人気のサダムパテックを軽視し、京王杯2歳S組を有力視した両ソフトの推奨。ラジオNIKKEI杯は(2)から(3)(14)(1)(13)(4)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.