競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日杯FS


 東京スポーツ杯2歳Sを圧勝した(10)サダムパテックが圧倒的な人気を集める朝日杯FS。たしかに前走で3馬身半の差を付けられた(8)リフトザウイングスが人気の一角を占めるメンバー、ここでも格が違うと考えるのが普通だろう。
  しかし予想ソフトは、まったくそのようには考えていない。『カツラギ』は予想勝率14%で(2)リベルタスに◎を打ち、『C−Lex』は(5)リアルインパクト、『ダビジェネ』は(11)グランプリボスをそれぞれ本命に挙げてきた。
  不思議なことに(10)サダムパテックを本命に掲げるソフトは1つもなく、対抗や単穴に幾つか印が付く程度。『カツラギ』算出の予想勝利も9%で、総合でも5番手止まり。単勝1倍台の馬としては余りに意外な評価だ。スピード能力が不足しているのか?
  スピード能力と言えば、1400mの京王杯2歳Sを1、2着した(11)グランプリボスと(5)リアルインパクトが高く評価されているのもキーポイント。(10)サダムパテックは前走ほど悠長には構えていられない。朝日杯フューチュリティSは、(11)から(2)(5)(6)(3)(13)が予想ソフトからの結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.