競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神JF


 札幌2歳Sの2着で強烈な存在感を見せつけた良血(1)アヴェンチュラでさえ脇役に追いやられてしまうほど、圧倒的な(11)レーヴディソールと(14)ダンスファンタジアの一騎打ち。今年の阪神JFは2強+1頭、あとはその他大勢というオッズ構成になっている。
  特にその中でも抜きんでているのが(11)レーヴディソール。しかし予想ソフトの見解はその真逆、なんと(11)レーヴディソールに◎を打つソフトが1つも見当たらないのだ。それどころか△の印を付けるソフトさえ少数。各ソフト低評価の明確な理由は分からないのだが、どうやら前走のデイリー杯、これがそう高くは評価されていないようだ。
  『カツラギ』は予想勝率15%で(8)ピュアオパールを本命とし、『C−Lex』は(1)アヴェンチュラ。『ダビジェネ』の本命も(9)マルモセーラであり、(5)フォーエバーマークなども含め、各ソフトの本命がまったくかみ合わない。
  しかしそんな中、過半数の一致を見せたのが(14)ダンスファンタジアを対抗とする評価。◎の率は低いが総合ではこれが首位にすべり込み、阪神JFは(14)から(8)(9)(5)(10)(13)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.