競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中日新聞杯


 中京競馬場改装中のため、今年は小倉で行われる中日新聞杯。ローカルG3としてはなかなか層の厚い古馬勢に加え、強いと言われる3歳馬も参戦。その中でも注目は、すでに古馬を相手に十分な実績を残している(1)トゥザグローリーだろう。
  予想ソフトの本命も、当然この馬に集中した。『カツラギ』や『C−Lex』が同馬に◎を打ち、その予想勝率は27%。問題は小回り福島のラジオNIKKEI賞で敗れているという点だが、能力的には最上位と考えても良いようだ。
  その他では(5)スリーオリオンや(10)ミヤビランベリに◎を打つソフトもあるのだが、(1)トゥザグローリーには遠く及ばず。穴系ソフトも(7)ゲシュタルトや(8)コスモファントムの名前を多く挙げており、やはり3歳馬が優勢。中日新聞杯は(1)トゥザグローリーから(5)(10)(7)(8)(3)へ流す結論となる。
  中山メーンのラピスラズリSは、予想勝率51%の(6)ジョーカプチーノが『カツラギ』と『ダビジェネ』の本命。今回1年8ヶ月ぶりのスプリント戦となるのだが、スピード能力は十分に互角以上。こちらは(6)から(8)(3)(14)(5)(9)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.