競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 鳴尾記念


 菊花賞を好走した3歳馬が人気を集めることになりやすい鳴尾記念。しかしこのレース、菊花賞組3歳は人気が着順を上回ることさえほとんど無い。過去10年このレースを勝った3歳馬は、前走マイルCSと天皇賞で古馬を相手に戦った2頭だった。
  今年の注目は(10)ヒルノダムールだろう。『カツラギ』は同馬を予想勝率25%の首位とし、それに続くのが17%(6)リルダヴァルと13%(3)アドマイヤメジャー。3歳馬優勢ではあるが、(11)ルーラーシップは9%の5番手にとどまっている。
  しかし総合でそれら3歳馬を上回る評価を得たのが『C−Lex』本命、7歳馬の(12)アクシオン。なるほど前年同レースの勝ち馬、2走前の札幌記念でも(10)ヒルノダムールに先着し、菊花賞と天皇賞のレース内容を考えれば同馬が(10)ヒルノダムール劣ると結論付けるのは早計ということか。
  (10)ヒルノダムールは札幌記念時より成長しているかも知れないが、斤量差は1kg縮まる。(10)ヒルノダムールが菊花賞で期待通りのパフォーマンスが発揮できなかった現状なら、ここは(12)アクシオンを推奨。鳴尾記念は(12)から(10)(6)(3)(8)(5)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.