競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京スポーツ杯2歳S


 2歳重賞戦線も佳境を迎え、本日の東京メーンは東京スポーツ杯2歳S。ここはディープインパクトやハーツクライ産駒が示し合わせたように集結し、それら素質馬数頭が人気の中心を形成することになりそうだ。
  しかし予想ソフトはそれらを積極的には推奨しない。予想ソフトとは言いつつも、主に行なっているのは未来予想ではなく、過去実績をもとにした確率計算である。したがって、よほどの好タイムでもない限り、新馬勝ち直後の馬が重賞好走馬を上回ることは難しい。
  そしてやはり、ここは実績で他馬をリードする(1)マイネルラクリマが『ダビジェネ』と『カツラギ』の本命に収まった。その予想勝率は20%であり、2番手に19%の(2)サダムパテック。もう1頭の実績馬、オープン勝ちのある(8)マイネルギブソンは、前走大敗が影響してか5番手の評価にとどまった。
  そうなるとその間に入るのがディープ、ハーツの産駒たちと思われたのだが、そこに食い込んだのも(12)ダコールだけ。東京スポーツ杯2歳Sは(1)マイネルラクリマから(2)(12)(10)(8)(5)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.