競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京成杯AH


 中山メーン11Rの京成杯オータムハンデ、ここは『カツラギ』と『C−Lex』の本命が(3)キョウエイアシュラで一致した。予想勝率は22%。G1・NHKマイルカップを13番人気ながら5着し、その内容からここでも足りるという判断になっている。
  『カツラギ』の2位は19%の(6)サンカルロで、さらに15%(10)セイクリッドバレー、9%(1)フライングアップルの順。穴系ソフトの推奨は中山コースで9戦すべて複勝圏内、抜群のコース巧者ぶりを見せる(9)キョウエイストームで、京成杯AHは(3)から(10)(1)(6)(9)(8)への結論となる。
  阪神メーン10RのセントウルSは、なんと『カツラギ』筆頭がJRA出走経験のない外国馬の(1)グリーンバーディーと出た。実は出走を取り消した(2)キンシャサノキセキと並んでの予想勝率35%だったのだが、同馬の取消で一頭だけが抜きんでた評価に。
  しかし他に(1)グリーンバーディーを支持するソフトはなく、総合では『ダビジェネ』などが◎を打つ(13)ヘッドライナーがそれを逆転。こちらは(13)から(1)(14)(8)(7)(12)への5点で勝負。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.