競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 小倉2歳S


 夏競馬のラストを飾る東西の2歳重賞、本日の小倉メーン10Rは小倉2歳ステークス。ここは前走フェニックス賞を1、2着した(14)シゲルキョクチョウと(8)ブラウンワイルドが人気を分け合うことになりそうだ。
  予想ソフトとしては、そこを先着した(14)シゲルキョクチョウのほうが若干上の評価。『カツラギ』は同馬の予想勝率を24%と算出し、(8)ブラウンワイルドは21%。この2頭が9%(12)ドレッドノート以下を大きく引き離している。
  これらの評価には『ダビジェネ』も同調し、『C−Lex』は(8)ブラウンワイルドのほうを上に挙げているのだが、逆転までには至らない。実際に先着した強み、小倉2歳Sは(14)から(8)(7)(9)(2)(6)の結論となる。
  しかし、新潟2歳Sはまったく逆。前走ダリア賞を1、2着した(17)エーシンブランと(6)サイレントソニックが高評価なのだが、こちらは何と全ソフトが2着(6)サイレントソニックのほうを上位に挙げてきたのだ。
  上位拮抗、混戦オッズとなっている新潟2歳Sだが、予想ソフトからは(6)サイレントソニックが堅軸。こちらは(6)から(17)(1)(8)(7)(5)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.