競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - メイS


 東京メーンのメイSはクセのある馬がそろった印象。前走、ハイペースの大逃げで好時計圧勝の(6)シルポート、東京巧者(3)トウショウウェイヴ、3走前にG2で1番人気となった(14)キングストリートの名前もある。
  しかし『カツラギ』は、前走で念願の重賞勝利を果たした(11)ショウワモダンを筆頭に推奨。その予想勝率は20%、たしかにここでは実績が抜けている。中山巧者のイメージが強いが、条件馬時代はむしろ東京で勝ちあがってきた馬だ。
  とは言え『ダビジェネ』『C−Lex』など大多数のソフトは(11)ショウワモダンよりも(6)シルポートを上に考えている。前走で見せた圧倒的スピード能力、計算上これを交わせる馬はここにはいないということか。
  それらのソフトも2番手にはそろって(11)ショウワモダンの名前を挙げており、『カツラギ』の2番手は17%での(6)シルポート。要するに、ほぼすべてのソフトがスピードと実績の一騎打ちを想定しているということだ。
  穴系ソフトの注目馬は、(6)シルポートを見る形で有利にレースを運べそうな(1)ブライティアパルス。メイSは(6)から(11)(14)(1)(10)(12)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.