競馬マスターズ
2018年09月23日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フローラS


 東京メーンのフローラSは桜花賞組の出走がなく、ほとんど全馬がオークスへの出走権利を賭けたレースとなる模様。その中でも注目は、前走痛恨の3着で賞金を加算できなかった(15)サンテミリオンだろうか。
  しかしその(15)サンテミリオンだが、予想ソフトの評価が著しくない。全体的に前走の3着は取りこぼしではなく実力どおり、ゆえにここも総合3番手という評価にとどまっているのだ。
  『C−Lex』と『カツラギ』は予想勝率17%で(5)アグネスワルツに◎を打ち、2番手に16%の(3)ベストクルーズ。(3)ベストクルーズは『ダビジェネ』の本命馬でもあり、この2頭が(15)サンテミリオン以下を少し引きはなす形になっている。
  もう1頭気になるのが(14)ブルーミングアレーで、こちらはほとんど無印にも近い評価。フローラSは(14)(15)の2頭を無視し、(5)から(3)(9)(1)(10)(12)で勝負してみたい。
  京都メーン10RのアンタレスS、こちらは予想勝率40%の(12)トランセンドが圧倒的だ。総合2位の(5)シルクメビウスでさえ予想勝率は7%であり、こちらは(12)から(5)(14)(2)(6)(1)の5点流しが結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.