競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 桜花賞


 チューリップ賞とアネモネS、フィリーズレビューのトライアルで、すべて1番人気が2着に敗れた今年の桜花賞戦線。それぞれ大敗してはいないので、勢力図の書き換わりとまではならないものの、全体的に疑心暗鬼のムードが見え隠れするところ。本当に(9)アパパネは強いのか? (3)アプリコットフィズは強いのか?
  予想ソフトの答えはYesだ。『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』、的中率重視のロジックを組むソフトはすべてこの2頭どちらかに◎を打ってきた。
  しかし、『カツラギ』は予想勝率18%の(9)アパパネに対して(3)アプリコットフィズは9%の5番手。その間には12%(8)オウケンサクラと10%(17)シンメイフジ、(16)ラナンキュラスの3頭が組み込まれており、(3)アプリコットフィズは総合でも2番手グループの一角までと考えるべきか?
  軸馬は(9)アパパネで問題ないものの、2番手以下は拮抗。穴系ソフトは奔放に(12)ステラリードや(18)プリンセスメモリーといった昨夏の活躍馬に再びスポットを当て、桜花賞は(9)から(3)(17)(7)(12)(18)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.