競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 高松宮記念


 昨年のスプリンターズSを1番人気で敗れた(3)アルティマトゥーレと、スプリントG1を2度2着している(6)キンシャサノキセキが、共に理想的な臨戦過程で高松宮記念に駒を進めてきた。悲願のG1制覇に向け、この2頭が人気を集めるのは当然のことだろう。
  しかし予想ソフトの評価は少し違う。『カツラギ』は予想勝率25%で(13)サンカルロを筆頭に推奨し、『C−Lex』は(16)エーシンフォワード。ともに1200mに大した実績はなく、むしろ1400m以上の距離で勝ち上がってきた馬だ。
  しかもどうやら(13)サンカルロや(16)エーシンフォワードが高く評価されているという風でもなく、単純に(3)アルティマトゥーレや(6)キンシャサノキセキの指数がG1では足りないと判断されてのものらしい。
  とは言え、(3)アルティマトゥーレはしぶとく対抗の印を数多く集め、『ダビジェネ』筆頭推奨の助けも得て何とか総合首位。対して、△の印がいくつか付いている程度の(6)キンシャサノキセキは総合4番手。高松宮記念は(3)アルティマトゥーレから(13)(16)(14)(9)(10)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.