競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中山牝馬S


 牝馬限定のハンデ戦、コースや距離、時期を考えても荒れる要素しか見当たらないような中山牝馬S。『カツラギ』の本命は、昨年末以降条件戦を駆け上がってきた(4)コロンバスサークルと出た。2番手18%の(16)ザレマとは小差ながら、これが予想勝率20%での筆頭に挙がっている。
  しかし(4)コロンバスサークルの◎は他のソフトの同意を得られず、総合では3番手止まり。『C−Lex』などはむしろ(15)ブライティアパルスのほうを高く評価しており、条件戦を駆け上がってきたという観点なら、なるほどこの馬も同じことになる。
  総合での2番手には安定勢力の(16)ザレマが入るものと思いきや、それを差し置いての『ダビジェネ』本命(5)レインダンス。人気馬が順当に上位評価されているとは言いがたく、中山牝馬Sは(15)から(5)(3)(11)(10)(9)へ流す結論としたい。
  阪神メーンのフィリーズRは、予想勝率15%ながら(15)ラナンキュラスが過半数の票で総合首位。もう1頭の注目(14)ラブミーチャンは、地方成績を計算に含める『カツラギ』でさえ3%11番手にしか評価せず、こちらは(15)から(11)(7)(13)(4)(1)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.