競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中京記念


 昨年末からほとんど3連続に近い形で行われている中京開催。そろそろ芝の傷みも気になりはじめる頃であり、しかもハンデ戦の中京記念。これはなかなか難解なレースになりそうだ。
  しかし予想ソフトの印のつき方を見ると、(5)シャドウゲイトが圧倒的。『カツラギ』『C−Lex』などが予想勝率20%で本命に推奨し、穴系ソフトを除けば同馬に対抗以下の印を付けるソフトは皆無。優良安定軸といった評価である。
  (5)シャドウゲイトはシンガポールでのG1勝ち馬ではあるのだが、予想ソフトは海外成績をまったく考慮していない。つまりデータとして際立つのは3年前の金杯勝ちだけだと思うのだが、(18)タスカータソルテや(1)リトルアマポーラといった重賞3勝馬が勝率1%未満の低評価にあえぐ中、実績馬の中では際立った高評価を取得している。
  『カツラギ』の2番手は15%の(2)ホワイトピルグリムであり、3番手は12%の(14)ナリタクリスタル。穴系ソフトの印は、その多くが(13)シルバーブレイズに集まり、中京記念は(5)から(2)(9)(14)(13)(3)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.