競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞


 朝日杯FSを制したローズキングダムと並び、3歳2強と称される(1)ヴィクトワールピサが弥生賞に登場。この2頭が同じ新馬戦でデビューしたことは競馬ファンに広く知られるところだが、今この時点で一緒に走ればどちらが人気を集めるのだろうか? 願わくば両馬土つかずのまま大舞台で再会してほしいものだ。
  しかしそういった思いとは裏腹に、『カツラギ』は予想勝率17%の(1)ヴィクトワールピサよりも21%(3)エイシンアポロンほうを上に挙げてきた。同馬は朝日杯FSローズキングダムの2着馬。単純に(1)ヴィクトワールピサのラジオNIKKEI杯よりも数値的に上だということであるらしい。
  とは言え、(3)エイシンアポロンに◎を打っているのは『カツラギ』だけ。『ダビジェネ』や『C−Lex』をはじめとする他のソフトは、すべて(1)ヴィクトワールピサ本命で、対抗に(3)エイシンアポロンという形になっている。
  それら2頭から大きく離された形ながら、(13)アドマイヤテンクウも容易に総合3番手をキープ。弥生賞は(1)から(3)(13)(11)(8)(12)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.