競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェブラリーS


 一昨年にダート界の新星として名乗りを挙げ、一度は挫折を味わったものの、そこからふたたび4連勝。現在向かうところ敵なしの(4)エスポワールシチーが、雪辱を期して前年4着に敗れたフェブラリーSに望む。
  しかし前年は16頭すべてがダートホースだったのだが、今年は芝からの転戦馬が5頭。つまりは芝とダートのレベルの違いを不安視する声も聞こえてくる。
  それを体現したのが『カツラギ』の予想で、同ソフトは予想勝率17%で(8)レッドスパーダに◎を打ってきた。(4)エスポワールシチーは16%の2番手で、これが芝とダートのレベル差ということだろうか。
  しかしその芝ダートのレベル差も、とらえ方は各ソフトによって違う。『C−Lex』や『ダビジェネ』など大多数の予想ソフトは(4)エスポワールシチーの方を上にとり、総合では問題なくこれが首位。芝馬をも力でねじ伏せる形だ。
  『Queen』をはじめとする穴系ソフトの推奨は、(16)ワイルドワンダーや(15)ミリオンディスクといった外枠2頭。フェブラリーSは(4)から(8)(11)(10)(16)(15)、芝馬勢は(8)レッドスパーダが残るのみの結論となった。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.