競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - バレンタインS


 東京メーンのバレンタインSは、オープン特別のハンデ戦。ここは出馬表を見てみると、まずハンデのつき方に違和感を覚えた。ハンデ頭は(8)アントニオバローズと(5)ピサノパテック、(14)トレノジュビリーの3頭。
  オープン特別4連対で実績上位の(5)ピサノパテックはともかく、オープンで8戦して掲示板に1度しか載れていない(14)トレノジュビリーが、前年ダービー3着馬の(8)アントニオバローズと同斤量なのだ。
  そして、予想ソフトの印もこの馬に集中しているのを見て再度驚く。『カツラギ』予想勝率20%、総合でも堂々の最上位評価だ。総合2番手には『ダビジェネ』本命(10)ヤマニンエマイユが入るも、こちらは予想勝率8%止まり。バレンタインSは(14)から(10)(7)(3)(11)(15)への結論となる。
  京都メーンのアルデバランSは、『カツラギ』予想勝率26%の(16)フサイチセブン◎に、ほとんどすべてのソフトが従う形。4連勝、とくに前走圧勝のインパクトは強く、同じく連勝中の(4)ピイラニハイウェイや(14)インバルコも遠く及ばない。こちらは(16)から(8)(6)(5)(10)(12)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.