競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 共同通信杯


 本日の東京メーンは、クラシックへの登竜門となる共同通信杯。ここには13頭が出走を予定しているのだが、重賞連対馬は皆無。それどころか、重賞出走経験のある馬でさえ(3)ダノンシャンティ、(4)ダイワアセット、(9)アースステップ、(10)カシマストロングの4頭のみ。残る9頭は重賞初挑戦である。
  しかしそれでも、低調なメンバーといった雰囲気は微塵も感じられない。今はまだ重賞実績に足りなくとも、将来性のある馬たちが上位人気を独占する形になっているからだ。
  そして、その中でもひときわ輝くのが2戦2勝の(5)アリゼオか。予想ソフトもほぼ満場一致の勢いで同馬に◎を打ち、『カツラギ』予想勝率は32%。15%でそれに続く(6)ハンソデバンドや14%(4)ダイワアセットを従えて、堂々と主役の風格を見せている。
  (3)ダノンシャンティも2番手争いには加わっているのだが、『カツラギ』予想勝率11%。総合でも4番手にとどまって(5)アリゼオには遠く及ばない。共同通信杯は(5)アリゼオから(6)(4)(12)(13)(1)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.