競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日杯FS


 翌年のクラシックを占う重要な一戦となる、中山メーンの朝日杯フューチュリティS。ここには良血馬として前評判の高かった(8)ローズキングダムが無敗で駒を進め、当然この馬が1番人気になるものと思われる。
  しかしながら、同馬の予想ソフト評は総合4番手まで。(8)ローズキングダムよりも上に、『C−Lex』推奨(15)トーセンファントムと『ダビジェネ』本命(5)ダッシャーゴーゴーが居座り、さらには『カツラギ』本命(12)エイシンアポロン。
  しかも、すべてのソフトが(8)ローズより(15)トーセンの方を上にとっているのが面白い。とは言え、その(15)トーセンでも総合首位の奪取はならず。朝日杯FSは(12)エイシンアポロンから(15)(5)(16)(1)(7)へ。
  阪神メーンの阪神カップは、予想勝率20%の(2)キンシャサノキセキが『カツラギ』『ダビジェネ』の本命として一致。これに対抗するのが『C−Lex』推奨の(15)アーバニティなのだが、その差は余りにも大きい。
  もう1頭、(2)キンシャサノキセキと人気を争うであろう(4)マルカフェニックスだが、こちらは予想勝率2%。阪神カップは(2)から(15)(6)(17)(11)(9)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.