競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - JCダート


 近年ダートで一時代を築いた7歳世代と、今春のフェブラリーSでそれを打ち崩した4歳世代、そしてハイレベルと言われる3歳世代の代表が正面からぶつかり合うジャパンカップダート。外国馬の参戦が少ないのは寂しいが、今年も壮絶なレースになりそうだ。
  予想ソフトの評価は、全体的に7歳勢が優勢。その中でもひと際輝くのは『カツラギ』本命、予想勝率34%の(4)ヴァーミリアンである。2番手は『C−Lex』の本命でもある予想勝率14%(1)エスポワールシチーなのだが、これはむしろ3番手の(14)ワンダースピードに煽られているような状態。7歳両雄、後身に道をゆずるつもりは全くない。
  一気の世代交代さえも期待される3歳勢はその後の評価で、総合4位にやっと(12)シルクメビウスの名前。古馬重賞を連勝した(16)ワンダーアキュートも含め、◎の印は皆無。ほとんどすべての予想ソフトが3歳勢の苦戦を結論としている。
  穴系ソフトも名前が挙がるのは(8)ダイショウや(15)マルブツといった辺りで、こちらは共に6歳馬。JCダートは意図的に高齢馬狙い、(4)から(14)(6)(8)(15)(3)への5点を結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.