競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 鳴尾記念


 阪神メーンの鳴尾記念は中距離別定のG3、ここは神戸新聞杯でリーチザクラウンをアッサリと差し切り、菊花賞でも2番人気にまで注目された(7)イコピコが古馬と初対戦となるレースだ。
  同馬は今年の菊花賞4着馬。奇しくも前年菊花賞の3着馬(11)ナムラクレセントと4着馬(5)スマートギアがこれと人気を争うことになりそうで、低レベルと言われた現4歳と、ハイレベルと言われた現3歳、この辺りの力関係が気になるところである。
  しかし予想ソフト『カツラギ』の本命は、それら3頭のいずれでもなかった。気づけば重賞3勝、実力派5歳馬(10)サンライズマックスに予想勝率22%を与えての◎。『ダビジェネ』は(11)ナムラクレセント、『C−Lex』は(5)スマートギアと4歳勢を推すものの、それでも5歳馬(10)サンライズマックスには届かない。
  3歳勢はというと、穴系ソフトが(12)シェーンヴァルトの名前を挙げるぐらいのもので、前述の(7)イコピコも、NHKマイルカップ2着馬(6)レッドスパーダも存外の低評価。鳴尾記念は(10)から(5)(11)(14)(8)(12)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.