競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エリザベス女王杯


 古馬の代表格である(5)リトルアマポーラと(8)カワカミプリンセスがステップレースの府中牝馬Sで株を落とし、世代を超えても(16)ブエナビスタ一色に染まりそうな牝馬戦線、エリザベス女王杯。たしかに3歳馬が強いレースではあるが、2度敗れても単勝1倍台が濃厚な(16)ブエナビスタは、オッズが示すほどに抜けた存在なのだろうか?
  予想ソフトの評価は3頭に分かれる形になった。まず1頭目が『ダビジェネ』推奨の(17)ムードインディゴ。次に『C−Lex』本命(7)クィーンスプマンテ、そして『カツラギ』が推す(16)ブエナビスタである。
  (16)ブエナビスタは『カツラギ』本命とはいえ、その予想勝率は18%。僅差17%で続く(8)カワカミプリンセスや、15%(5)リトルアマポーラとほとんど差のない評価しか得られていないのだ。
  (16)ブエナビスタは孤高の一強ではなく、古馬の(5)リトルアマポーラと(8)カワカミプリンセスを加えた三強でもない。5頭、6頭が横並びとも言えるほどの大混戦、総合2位の(16)ブエナビスタを僅かに上回ったのが(17)ムードインディゴだった。エリザベス女王杯は(17)から(16)(8)(5)(7)(11)での勝負となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.