競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(秋)


 いよいよ7つ目のG1制覇に王手をかけた名馬(7)ウオッカ。もはや名牝の域を超えて歴史的名馬に名を連ねるべきスーパーホースだ。しかし東京巧者を超えて東京専用とまで揶揄される同馬だが、東京コースは10戦5勝。5勝すべてがG1ではあるものの、半分は取りこぼしているという事実は心にとどめておくべきか。
  天皇賞、予想ソフトの評価は『カツラギ』『ダビジェネ』をはじめ、約7割が本命(7)ウオッカで一致した。その予想勝率も34%の堂々たるものだが、実は今春ヴィクトリアマイルと安田記念はどちらも60%を超えるハイアベレージだった。
  ヴィクトリアマイルほど楽なレースにはならないかも知れない。安田記念ほど衝撃的な勝ち方は見せられないかもしれない。しかしそれでも、予想ソフトの最終結論は本命(7)ウオッカだ。
  もうひとつ気になったのは、(7)ウオッカの穴馬指数がかなり上昇している点。前走の毎日王冠を敗れ、ここで人気を落としているなら絶好の狙い目ということにもなる。毎日王冠のオッズが単勝1.3倍、今回の(7)ウオッカを人気落ちと見るか否か。天皇賞は(7)から(13)(14)(6)(2)(4)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.