競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞


 かなり早い段階から“三強”と言われてきた現3歳世代だが、皐月賞ではロジユニヴァース、ダービーではアンライバルドが圧倒的な支持を集め、常に後塵を拝することになっていた(9)リーチザクラウン。
  8戦7連対の成績ながら、前走の神戸新聞杯ではアントニオバローズにも人気で劣るという屈辱を味わうことに。しかしそれでも最後の一冠、ここでの1番人気は(9)リーチザクラウンが奪取することになりそうだ。
  『カツラギ』はこの馬の予想勝率を15%と提示し、やや物足りない確率ながら首位の評価。2番手13%の(14)イコピコや3番手9%の(16)ナカヤマフェスタも含め、半数以上の馬が5〜9%の勝率を有する混戦模様だが、わずかながら、そこから抜け出す形になっている。
  (9)リーチザクラウン◎には『ダビジェネ』も大いに賛同し、総合では問題なく首位。『C−Lex』は(18)ブレイクランアウトを中心視しており、逆に皐月賞馬の(5)アンライバルドに△以上の印が付いていないのが大きな特徴。最後の一冠、菊花賞は(9)リーチザクラウン。この馬から(18)(12)(1)(6)(2)の5頭に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.