競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S


 (18)サンカルロや(6)ストロングガルーダといった重賞勝ち馬も含め、ハイレベルと言われる3歳勢の躍進が期待される富士ステークス。その中でも一番注目されるのは、G1のNHKマイルカップを2着した(1)レッドスパーダだろうか。(7)ケイアイライジンや(15)ティアップゴールドも含め、3歳はかなり強力なメンバーがそろったようにも映る。
  しかし予想ソフトの目はまったくそちらには向いていない。(1)レッドスパーダが『カツラギ』予想勝率13%の3番手に挙がった以外は▲の印さえも打たれていないのだ。△が幾つか見える程度で、そのほとんどは総合8番手以下。驚くほど3歳軽視の予想結果である。
  各ソフトの本命には(13)サイレントプライドや(8)ライブコンサート、(11)マイネルの名前が挙がっているのだが、半数以上の票を集めたのは『カツラギ』『C−Lex』推奨の(16)ザレマ。
  堅実な馬として知られる(16)ザレマだが、距離別の成績を見ると、この1600mが最も堅実。G1も含めて、この距離では8戦して1度も掲示板を外したことがない。富士Sの結論は3歳軽視、(16)から(13)(11)(8)(14)(12)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.