競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - デイリー杯2歳S


 2歳重賞戦線も中盤戦に入り、初めてのG2となるデイリー杯2歳ステークス。ここは前走札幌で4着敗退も大物感のあるところは示した(6)ダノンパッションと、前走未勝利勝ちで余力十分だった(5)リディルが1番人気を争う構図になりそうだ。
  しかし的中率1位の予想ソフト『カツラギ』の本命はそのどちらでもなく、なんとダート1200m勝ちの(11)ゴーオンホーマン。その予想勝率は18%で、たしかに前走の勝ち時計は2歳戦としては出色モノだった。
  ただし同馬を高く評価するのは『カツラギ』のみであり、全ソフトの集計値としては3番手。『カツラギ』2番手(5)リディルや同3番手(6)ダノンパッションの評価は低くなく、『ダビジェネ』筆頭推奨の(13)フローライゼと合わせて、上位は4頭が接戦となっている。
  とは言え、(5)リディルと(13)フローライゼは妙に穴系ソフトに支持されており、これら穴系ソフトが“良くも悪くも人気通りに走らない馬を高く評価する”という特性から、軸馬としての信頼度は下げざるを得ないところ。ここは(6)から(13)(11)(2)(3)へ流し、馬連(11)(13)を押さえた5点が結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.