競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ペルセウスS


 秋も深まる東京開催、メーンレースのペルセウスSは近走オープンクラスでの好走馬が少なく、やや手薄なメンバーでの争いということになりそうだ。予想ソフトが重視するのは過去の重賞実績か、それとも前走勝ちの勢いか。
  まず『カツラギ』は予想勝率22%で(1)イースターを本命に挙げてきた。どうやら評価されたのは2走前の京成杯SC6着で、それと同程度に走ればダートのオープンでは勝ち負けになるという計算。メンバー手薄なここなら筆頭評価も止むなしといったところだろう。
  しかし、総合でそれを上回ったのが『ダビジェネ』『C−Lex』推奨の(9)セレスハント。『カツラギ』評価は13%の3番手ながら、オープン好走の実績と前走勝ちの勢いを併せ持つ馬だ。
  むしろここは穴系ソフトの狙いが定まらず、相手を5頭に絞り込むのに苦労するところ。ペルセウスSは(9)から(1)(15)(16)(11)(12)へ流してみたい。
  京都メーンの大原Sは、予想勝率21%の(9)アーネストリーが過半数の票を得て安泰軸。こちらは(7)アクシオンとの一点目が強力なラインで、(9)から(7)(4)(2)(14)(8)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.