競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シリウスS


 阪神メーン10RのシリウスSは、長距離に分類されるダート重賞、ハンデ戦。レベルが高いと言われる3歳馬の参戦も最内と大外の2頭があり、その2頭が(9)ワンダースピードに挑むオッズ構成になりそうだ。
  その(9)ワンダースピードだが、この馬はオープン入り以降、G1以外では12戦10連対という安定性。その間、1番人気に推されたことは3度しかなく、これは垂涎ものの堅実軸馬か。
  そうして築き上げた重賞4勝の実績が示すとおり、予想ソフトの中心は間違いなくこの馬。『カツラギ』は同馬に23%の予想勝率を与え、その方針に『C−Lex』も追随する。
  『カツラギ』の2番手は予想勝率12%の(1)ゴールデンであり、3番手が10%(16)ワンダー。同馬は『ダビジェネ』の筆頭推奨馬でもあり、やはり的中率を重視するソフトは(9)ワンダースピードを頂点とする3頭の争いを想定しているようだ。
  しかし穴系ソフトは好走率や的中率を無視し、人気と実力の剥離にのみ注視するもの。単体での高的中率は期待できないが、回収率の向上はここに占めるウエイトが大きい。シリウスSは(9)から(3)(4)(6)(5)(14)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.