競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大沼ステークス


 札幌メーン9Rの大沼ステークスはダート、オープンのハンデ戦。ハンデ頭は(10)アドマイヤスバルの58kg。そして予想ソフトの評価も、その(10)アドマイヤスバルに集中することになった。
  『カツラギ』予想勝率は19%とやや低めではあるものの、『ダビジェネ』『C−Lex』ともに異論なし。混戦となっている2番手以下を尻目に、オープン3勝の実績馬が悠然と突き抜ける構図。大沼Sは(10)から(5)(4)(7)(2)(6)へ流してみたい。
  阪神メーン10Rの灘ステークスは、こちらもハンディキャップのダート戦。こちらは(10)ナムラハンターと(11)ポーカーフェイスが並んでのトップハンデとなっているのだが、予想ソフトはそれよりも3歳馬の(4)カネトシコウショウに注目してきた。オープンクラスではともかく、条件クラスでこのハンデ差は魅力だろう。
  『カツラギ』の示す予想勝率は17%であり、続いて16%(10)ナムラハンターと9%(11)ポーカーフェイス。『ダビジェネ』が(11)ポーカーフェイスに◎を打って際どく迫るも、(4)カネトシコウショウには僅かに届かず。灘Sは(4)から(11)(13)(7)(12)(6)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.