競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 宝塚記念


 前半戦、春季競馬の総決算となる宝塚記念、このレースは(11)ディープスカイが圧倒的な人気を集めることになりそうだ。志なかばにこの世を去った父アグネスタキオン追悼の意も込めて、ここは今度こそ負けられない一戦となる。
  しかしこの(11)ディープスカイに代表されるように、現4歳世代は古馬との重賞対戦で勝ちきれていない。現4歳牡馬で芝の古馬混重賞を勝ったのはヤマニンキングリー、モンテクリスエス、タケミカヅチの3勝だけ。ちなみに5歳牡馬は同期間に重賞22勝、6歳牡馬も重賞18勝を挙げている。
  そういった世代間のレベル差を予想ソフトはどう反映するのか? その辺りに注目しつつ印を出してみたのだが、やはり『カツラギ』と『ダビジェネ』は予想勝率24%で順当に(11)ディープスカイを筆頭に推奨してきた。『C−Lex』『RW』本命の(7)アルナスラインが際どく迫るも、総合での逆転までには至らず。
  単勝1倍台の価値があるかどうかは微妙に映る(11)ディープスカイだが、連単系ではなく連複系の軸馬ととらえるなら納得の高評価。宝塚記念は馬複で、(11)から(7)(14)(4)(5)(2)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.