競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯SC


 本日の東京メーン11Rは、安田記念の前哨戦となる京王杯スプリングカップ。今年はG1ホースの参戦がなく、メンバーとしてはやや小粒な印象。そして少キャリアの連勝馬も見当たらず、重賞での安定勢力が人気を占めることになりそうだ。
  まず『カツラギ』が本命に推奨するのは、末脚勝負の(4)ファリダット。しかしその予想勝率は18%にとどまり、16%の(8)スマイルジャックや15%(1)タケミカヅチらと比較して、抜けた印象までは得られなかった。
  『ダビジェネ』は距離短縮で復活の兆しを見せてきた(8)スマイルジャックに◎を打ち、総合首位は『カツラギ』も2番手に挙げるこの馬で決まりかと思いきや、それに比肩する評価を得た馬がもう1頭いた。
  『C−Lex』と『RW』がそろって筆頭に推奨する(16)マイネルファルケである。なるほど、1年間崩れのない走りで、前走は初挑戦となる古馬重賞での2着。安定性、勢い、どちらを見てもこのメンバーなら最上位近くに位置する馬と思われる。出世が遅れたぶん現状の実績は見劣るが、京王杯SCは(16)から(8)(4)(1)(2)(18)での勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.