競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟大賞典


 昨年、オースミグラスワンが31秒台の末脚を披露した新潟大賞典。ダビスタかとツッコミを入れたくなる驚異の末脚は、今年も見られるのだろうか? 昨年と遜色ない臨戦過程で来ているだけに、その存在は他馬陣営にともっても脅威になるだろう。
  しかしながら(4)オースミグラスワンの予想ソフト評価は思いのほか薄く、予想勝率7%の総合5番手まで。『ダビジェネ』は(15)ミヤビランベリ、『C−Lex』は(11)ドリームサンデーをそれぞれ筆頭推奨に挙げるなど、波乱ムード満載の予想結果が出た。
  そして、それらを押し退けて『カツラギ』が強く推奨するのは(2)アドマイヤフジ。G1、G2では地味な存在ではあるが、G3以下ならほぼオール入着の安定感。新潟競馬場には初参戦ながら格上の風格、予想勝率46%の圧倒的評価を得るに至った。
  ◎の数では(13)アーネストリーも(2)アドマイヤフジに並ぶのだが、対抗まで含めると、ここで(2)アドマイヤフジが他を圧倒。穴系ソフトは(5)、(14)の2頭を推し、新潟大賞典は(2)から(15)(13)(11)(5)(14)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.