競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フィリーズレビュー


 本日の阪神メーンは、3歳牝馬によるフィリーズレビュー。ここは桜花賞を直前に距離を短縮してきた(11)ミクロコスモスのレース振りが注目される。予想ソフトはこの馬の能力を如何ほどに評価するのだろうか。
  結論から言うと、飛びぬけた一番手評価。『ダビジェネ』や『カツラギ』をはじめとして約8割のソフトがこの馬を本命に挙げてきた。『カツラギ』予想勝率が17%とやや低めな辺りは気になるのだが、それも問題にはならないほどズラリと◎が並んでいる。
  気になるといえば『カツラギ』に並ぶ高的中率ソフト『C−Lex』が(1)キリコンサートを筆頭に推奨してきた点。能力的に上位ではないのだが、多くの馬が能力を十分に発揮できないと推測する中、最も減点が少なかったのがこの馬であるらしい。
  穴系ソフトが推奨するのは、(9)ショウナンカッサイや(8)アンジュアイルなど。この両頭は(11)ミクロコスモスと差のない競馬をした阪神JFやクイーンCが評価された形で、こちらの観点からも(11)ミクロコスモスが中心。フィリーズレビューは(11)から(15)(1)(8)(10)(13)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.