競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アーリントンC


 阪神メーンのアーリントンカップは、朝日杯FSからシンザン記念と続く路線の3歳マイル重賞。しかしこの3重賞はマイル戦ながら、後のマイル路線を意識したレースではない。このアーリントンCにしても、過去勝ち馬の半数以上は次走に1800m以上のレースを選択している。
  そういった難しさもある重賞だが、予想ソフトが筆頭に取り上げた馬は(1)ダブルウェッジ。予想勝率16%で『ダビジェネ』と『カツラギ』が同馬を推奨し、なるほどシンザン記念2着は間違いなく実績上位の存在と思われる。
  実績と言えば重賞2勝を含む4戦4勝の(10)スーニなのだが、ここは初芝のためか『カツラギ』2番手以上には評価が上がらず。ただし、多くのソフトは地方成績を考慮しておらず、(10)スーニは2戦2勝時点での指数となっているので、その点に関しては注意が必要か。
  (11)ミッキーパンプキンは、これも『カツラギ』の挙げる3番手が最高の評価で、他には△の印がチラホラと付く程度。アーリントンカップは、(1)ダブルウェッジから(7)(5)(6)(13)(9)へ流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.