競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンC


 阪神JFの2、3着馬が、コースをかえて再度激突するクイーンカップ。ひと息入った(9)ダノンベルベールにくらべ、キャリアを積んで自己条件を勝ち上がった(12)ミクロコスモス。果たしてどちらが人気を集めるのか、興味深いところでもある。
  しかし予想ソフトは『ダビジェネ』『カツラギ』を中心に、大半が(12)ミクロコスモスを本命に。その予想勝率は21%で、対する(9)ダノンベルベールは15%。こちらは16%の(11)ディアジーナにも及ばず、総合3番手に甘んじることになってしまった。
  上位3頭は不動の布陣も、人気を加味すると(9)ダノンベルベール絡みの買い目は控えたいところ。クイーンカップは『Queen』推奨の穴馬(10)アンジュアイルや(14)エイブルインレースといった辺りも加え、(12)から(11)(3)(10)(14)(16)へ流してみたい。
  京都メーンの京都記念は予想勝率34%のハイアベレージで(7)カワカミプリンセスが『カツラギ』の本命も、他のソフトはすべて(11)サクラメガワンダー推奨で一致。さすがに『カツラギ』と言えど、これには抵抗のしようがない。こちらは(11)から(7)(1)(3)(10)(12)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.