競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都牝馬S


 京都メーンの京都牝馬Sは、(9)ニシノマナムスメが1番人気となりそうな気配。しかし同馬の予想ソフト評価は高くなく、ほとんどのソフトが△止まり。これはひと波乱ありそうなムードがうかがえる。
  『カツラギ』は予想勝率19%で(5)ザレマを筆頭に推奨してきたのだが、それよりも高い評価を得たのが『C−Lex』本命の(6)チェレブリタ。愛知杯2着で大波乱の立役者となった同馬だが、未勝利勝ちの直後に重賞5着など、その戦跡は果敢な格上挑戦の歴史。前走2着にしても単なるフロックで片付けるのは早計だろうか。
  『ダビジェネ』の筆頭推奨は(11)レインダンスで、穴系『Queen』は(3)テンイムホウの意外性に着目。京都牝馬Sは(6)から(5)(11)(12)(3)(8)へ流してみたい。
  東京メーンの根岸Sは、『カツラギ』予想勝率13%の(6)ナンヨーヒルトップと10%の(11)フェラーリピサが評価を二分する形。京都と同じく上位接戦だが、こちらも『C−Lex』本命が決め手となって(11)フェラーリピサ。内枠2頭はまったく評価が上がらず、(11)から(6)(13)(3)(7)(9)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.