競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京新聞杯


 東京メーンの東京新聞杯は別定戦ながら実力伯仲、混迷が考えられる一戦。それだけに予想ソフトの能力査定に期待したいところだが、メンバーを見渡すと半数の8頭が重賞勝ち馬。しかも重賞2勝、唯一の重賞3勝も牝馬の(16)キストゥヘヴンであるだけに、予想ソフトとしても票が割れそうな気配だ。
  まず『カツラギ』は予想勝率22%で前年ダービー2着馬の(2)スマイルジャックを本命に挙げてきた。それに続く19%が前年東京新聞杯の覇者(5)ローレルゲレイロで、さらに13%の(1)ショウナンアルバといった順。
  『ダビジェネ』は(12)タマモサポート、『C−Lex』は(9)マルカシェンクをそれぞれ筆頭に推奨し、やはり各ソフト上位はバラバラ。(15)タケミカヅチに◎を打つソフトもあり、全体的に4歳馬の評価が高いようにも見えるが、すべての印を集計してみると一歩抜けたのは対抗の印が多い(12)タマモサポートだった。
  穴系ソフトの推奨は、(7)ゲイルスパーキーや(13)ファストロックなど、まだ重賞経験の少ない組。東京新聞杯は(12)から(5)(2)(1)(7)(13)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.