競馬マスターズ
2018年11月11日15:08 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アレキサンドライトS


 兄弟に2頭の米国G1馬を持ち、自身も日本でのデビュー戦を大差圧勝。その後に米国でG2を勝ち、帰国初戦のJCダートは6着に敗れたとは言え、G1ホースが並ぶ上位に割って入り、力負けの印象はない。
  その(10)カジノドライヴが、なんと1600万下のアレキサンドライトSに出走できてしまった。中山メーンのダート1800mは、異例の経歴を持つこの馬が衆目を集めることになる。
  各予想ソフトの算出した数値を見て、まず驚かせてくれたのは『カツラギ』だ。同ソフトの(10)カジノドライヴ評は予想勝率82%。これは『カツラギ』が今までに予想した数万レースの中でも、ベスト10にも入るであろうハイアベレージ。
  能力差が大きいと言われる新馬、未勝利戦ならまだしも、このクラスでの82%は衝撃的。たしかに米国実績だけならまだしも、JCダートでG1馬たちに劣らぬ走りを見せた同馬が、条件戦で遅れをとる姿は想像しづらい。
  2番手は予想勝率5%の(2)ドリーミーペガサスで、アレキサンドライトSは(10)から(2)(11)(4)(1)(6)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.