競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ニューイヤーS


 中山メーンのニューイヤーステークスは芝マイルのオープン特別、別定戦。年によってハンデ戦になったり別定戦になったりと、なかなか立ち位置の決まらないレースだが、前走惨敗でもあまり人気を落とさないタイプの馬が勝ちやすいレースになっている。
  それは言い換えれば“調子よりも格”。予想ソフトは全体的に勢いよりも格重視の傾向が強いので、このレースなどは得意な部類に入るのではないかと思う。
  ところが、ふたを開けてみれば(1)フサイチアソートや(10)サンツェッペリンなどの重賞勝ち馬に重い印は付かず。『カツラギ』は予想勝率32%で(3)ホッカイカンティを本命に挙げてきた。
  『ダビジェネ』の筆頭推奨は距離経験のない(5)マヤノツルギで、『C−Lex』はオープン勝ちのない(13)ダブルティンパニー。これは思った以上に難解だ。
  逆に穴系ソフトは(10)サンツェッペリンを筆頭に(4)イクスキューズ、(14)マイネルハーティーなどの重賞勝ち馬に注目。これらは想定される人気面から中心視まではできないが、ヒモ穴としては実績馬が面白そうだ。ニューイヤーSは、(3)から(4)(10)(7)(14)(12)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.